友達が使っているアプリケーションの情報がニュースフィードに表示された時、リンクをクリックします。それで直ぐにアプリケーションを許可してしまうと、あなた自身がスパムアプリケーションを広める危険性があると言うことですね。(汗)。

それで、友達が使っているからと言う安心感からうっかりクリックしてしまうと言うこともあります。(汗)それでスパムの広がりが速くなっています。しかし、それだけではないようですね。試しに使ってみただけのアプリケーションに関して、あたかも日頃から楽しんで利用しているかのように、ウォールに勝手に投稿されてしまうのでアプリケーションがこうして広がるのを加速させています。(汗)

ユーザーが初めてアプリケーションへアクセスする時には、必ず認証を求めるようにしています。そう決められています。名前、性別、写真、友達リストなど基本データ、その他に必要な情報については、認証時にユーザーに許可をとらなければいけない事になっています。

例えば友達の写真、動画、友達のリクエスト、友達、ユーザーが参加するイベント、メールボックス、フレンドリクエストなど様々な情報へのアクセスをすることが可能です。(笑顔)このようにならないためにガイドラインを設けています。そんな記載があります。